ユニゾンリーグのアプリが全世界127カ国への配信決定

ユニゾンリーグのアプリが全世界127カ国への配信が決定

 

ユニゾンリーグのアプリが世界配信決定

TVCMが何種類も放送されてユニゾンリーグの人気がだんだんと出てきました。

 

さらに最近知ったことなのですが、ユニゾンリーグのアプリがなんと!世界127カ国に配信されることが決定しましたので解説します!

ユニゾンリーグの世界配信について

ユニゾンリーグは、2014年12月4日から日本国内での配信が始まったエイチームのスマートフォン向けRPGです!

 

だいたいリリース開始されてから半年となりますが、ユニゾンリーグの製作・運営会社のエイチームが、全世界127ヶ国のGoogle Play(TM)およびApp Storeに向けて5月14日から配信を開始したことが発表されました。

 

国内だけでも100万人が遊んでいるユニゾンリーグのユーザーがさらに増えることになりますが、もしかしたら外国のユニゾンリーグプレイヤーたちとユニフレになることができるかもしれませんね!

 

それと、世界配信されたアプリ限定で、海外配信に併せたアメフトなどの新規アバターも追加してあるみたいです。(うらやましいようなうらやましくないような…)

 

エイチームの公式サイトには、このような画像が掲載されていました。

 

ユニゾンリーグのアプリが全世界127カ国への配信が決定

 

ユニゾンリーグのアプリが全世界127カ国への配信が決定

 

日本で配信されているユニゾンリーグと絵柄が一緒なのに、ロビーでの会話が英語なのでかなりシュールですね。

 

世界配信された影響

ユニゾンリーグが世界配信されてから、国内のユニゾンリーグのサーバー障害が断続的におきました。

 

たぶんですが、急激にユーザーが増加したことにより国内と海外のサーバーをわけてなかったため、サーバーが耐え切れずサバ落ちしたのではないかと2ちゃんでは騒がれていました。

 

現在もなんか重いなと感じてしまってるので、次のメンテナンスで軽くなることを祈るだけです!


ホーム RSS購読 サイトマップ